東京で目尻切開をした感想

ダウンタイムもなく自然で大きな目に

ダウンタイムは切開法だとやはり少し長引くみたいだし、周囲に整形したことを気がつかれたくないのであれば埋没法に越したことはないのかなと思いました。
一週間ほど経過すると本当に全く違和感もなくなり、少し腫れていたのもすっかり治って、最初からぱっちりした二重だったんじゃないかなと思ってしまうくらい自然な目元になっていました。
目が大きくなったことでメイクも楽しくなったし、アイプチの手間やとれてしまうかなという不安からも解放されて嬉しいことばかりです。
目が大きくなったからか、顔が小さく見えるといってもらえることが多くなり特に痩せたわけでもないのに、スタイルが良くなったと褒めてもらえることが増えたので本当に嬉しいです。
目尻の切開はもっとダウンタイムが長いと覚悟していましたが、実際に行ってみるとスムーズに終わったし想像しているよりもリーズナブルで良かったなと思いました。

腫れぼったい一重で自信が持てない二重と同時に目尻を切開しましたダウンタイムもなく自然で大きな目に

目尻切開,東京目尻切開-症例写真  




二重整形は高野先生にお任せ!!

カウニスクリニック院長:高野 敏郎

☆所属学会☆ 日本美容外科学会、日本形成外科学会、日本顎顔面外科学会、日本創傷外科学会、日本レーザー医学会

☆専門診療科目☆ まぶた、鼻を中心とした顔面の美容外科、特にまぶたの修正